むくみはカリウムで解消できる|健康をサポートする成分

体質改善で冷えを防ぐ

婦人

冷えの原因を究明するべし

冷え性になるのは冬場というイメージがありますが、最近では夏場に冷え性を訴える人が少なくありません。この冷え性を改善するためには、その背景にある原因をきちんと究明することが何よりも大切です。冷え性を引き起こしてしまう要素のひとつとして考えられるのが、筋肉量です。私たちは全身を筋肉で覆われており、意識的にしろ無意識的にしろ筋肉は常に活動をしていてそれに伴い熱を発しています。当然この生み出される熱量は筋肉が多ければ多いほど増えるわけですから、筋肉量を増やすことができれば冷え性は解消できるかもしれません。このほか自律神経の働きも冷え性と大きな関係があります。自律神経が正常に働いていると交感神経と副交感神経のスイッチがスムーズに切り替えられるため、代謝がより活発になります。代謝が活発に行われるようになればその分だけたくさんの熱が生み出されますからもちろん身体は冷えを感じにくくなります。

鉄をたくさん摂取すべし

栄養療法を通して冷え性を解決するという方法ももちろんあります。自律神経を整えることを念頭に置くのであれば、基本的には栄養バランスの整った食事を心がけることがベストです。なので、すべての栄養素が重要であるということになりますが、そのなかでも特に重要なものは何かと言われるとおそらく鉄だと思います。鉄は血液中にあるヘモグロビンの材料となる栄養素です。ヘモグロビンはご存じの通り体中に酸素を運搬する働きを持っています。このヘモグロビンを増やすことは血液の量を増やすことにつながります。そして、血液の量が増えればそれだけ手足の末端まで血液を送り届けることが可能になりますから、その部位が冷えてしまうのを予防することが期待できます。鉄はさまざまな食材に含まれている身近な栄養素のひとつですが、サプリメントなどを使って賢く摂取してみるというのもアリだと思います。